Blog&column
ブログ・コラム

土地の種類とは?

query_builder 2021/08/23
コラム
6
土地には使用目的が定められており、その数は23種類にも及びます。
今回は、そんな土地の種類について見ていきましょう。

土地に定められた用途別の種類
土地には用途別に、多くの種類が定められています。

■宅地
土地と言えば、多くの方が連想するのが宅地でしょう。
けれど、土地は全部で23種類の使用用途に分類されており、これらを「地目」(ちもく)と呼びます。
宅地はその中のひとつで、宅地として利用するよう定められた土地です。
宅地以外の土地に建てられたを知らずに購入したら、後になってここでは住めないと指摘され、大変なことになる可能性があります。
したがって、購入する際は宅地であることをしっかり確認する必要がありますね。

■学校用地
学校用地とは、その名の通り学校を建てることを目的にした場合のみ、使うことを許される土地です。
小・中学校向けの学校用地は宅地の中に多く見られ、高校や大学は市街地全体の広い範囲に点在しています。

■田・畑
一般的に農業用地は田畑と呼ばれることが多いものの、地目において田と畑は別です。
そのため、それぞれ23種類のうち1種類ずつに数えます。
田と畑の土地の特徴は、農地転用をすればを建てられることです。
農地転用とは、農地を耕作目的以外に使用することを言います。
「田畑だったところに、いつの間にか住宅が建っている」といった光景は、よく目にされるのではないでしょうか。

▼まとめ
土地には地目と呼ばれる使用用途が設けられており、その数は23種類にも及びます。
宅地ではない土地に建てられた購入しないために、土地の種類に関する知識が不可欠ですね。
弊社はあらゆる不動産売買に精通しておりますので、土地に関するご相談も承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 夢のマイホームを考えている方は是非ご覧ください♪ 不動産は北九州市の株式会社Est Japan(エストジャパン)

    query_builder 2021/08/21
  • 土地売却ならお任せください!| 不動産は北九州市の株式会社Est Japan(エストジャパン)

    query_builder 2021/08/10
  • マイホームを購入する時に大切にしたい条件とは

    query_builder 2021/10/22
  • 不動産の価値について

    query_builder 2021/10/15
  • 「住み替え」と「買い替え」の違いって何?

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE