社会問題となっている空きはリスクがありますのできちんと対処しましょう。
空きで迷惑をかけないよう対処法を解説します。
株式会社Est Japan(エストジャパン)
疑問・質問になんでもお答えします。

◇社会問題にもなっている「空き問題」

 

近年空きが増加しており、空きになってしまうと様々なリスクが発生することを知らない方が多くいらっしゃいます。

 

それを知らないまま放置してしまうと、後々大きなトラブルになることもあります。

また子供達など相続人に迷惑をかけてしまう恐れが出てきます。

 

現在空きを抱えている方・また今後抱えてしまうかもしれない方、わかりやすく解説していきますので、今後の解決策としても覚えておきましょう。

◇何故空きが社会問題になっているのか

建物を放置してしまうと、老朽化して倒壊する危険が生じます。また管理する人がいないことで犯罪や放火などのリスクが高まってしまいます。

 

現状、少子高齢化が進んでいるため、都市部には人が集中する傾向がありますが、地方では過疎化が進み高齢者自宅の管理を適切にできなくなってしまうケースが多々発生しております。

 

地方の高齢者が死亡してしまうと、子供達は相続した田舎の不動産に関心を示さないため放置してしまうことがあります。

空き問題は誰にでも起こりうることで決して他人事ではありません。

 

空きになってしまうと、荒れ果てて周りに迷惑をかけてしまいます。

 

建物は人が住んで管理していると綺麗に保たれますが、人がいなくなってしまうと一気に老朽化が進んでしまいます。

 

また壁や屋根などが朽ちてきてしまったり、周囲の景観も害されてしまうため治安が悪いイメージを与えることになります。

◇空きの問題点

上記でも説明したように、空きになるとが荒れてしまい、壁や屋根など一気に老朽化が進みます。

 

また害虫などが発生しやすくなるため衛生状態も悪くなったり、ゴミの不法投棄などをされて異臭が発生する可能性もあります。

 

空きによって第三者に損害を与えてしまうと、空きの所有者に責任が発生しますので、子供達が空き相続していた場合、子供達が損害賠償を支払わなければいけなくなります。

 

更に、犯罪に利用されたり放火被害のリスクも高くなります。

現在、宅地上に建物が建っている場合は特例によって「固定資産税」「都市計画税」大幅に軽減されていますが、空きを放置していると、周囲に危険を及ぼす可能性があるので、「特定空きとして指定されてしまい、この税金の特例が適用されなくなってしまいます。

 

特定空きに指定された時、所有者が改善のための対応を怠っていると、自治体強制的に取り壊しますのでその費用を所有者に請求してくる可能性があります。

 

つまり、空きを放置していると、税金が何倍にも増額されるだけではなく、その他の諸費用が発生してしまいます。

 

特定空き指定されるのは、空きを放置して周辺に危険が発生したり、迷惑になる状況になっている時ですので、きちんと管理しておけば回避できます。

お気軽にお電話でご連絡ください
093-644-0213 093-644-0213
受付時間:10:00~20:00

◇空きの問題の背景

近年空きが急増しているのは、少子高齢化人口減少が影響しています。

 

高齢の方で不動産を所有している方が亡くなったり、病気で入院介護施設に入所などでに誰も住まなくなってしまうと、多くの場合そのまま空きになる傾向があります。

 

建物自体老朽化して、管理や修繕が適切でないと「住めない」「貸せない」「売れない」という状態に陥ります。

 

建物老朽化や痛みが深刻などの場合を除き、まだ使える状態の空きなら活用の道はあります。

では、どのように活用するといいのか説明していきましょう。

◇空きにしないための対処法は

不動産空きにしないためにはどのように管理していくといいのでしょう。

 

1.建て替えをして賃貸併用住宅にする

 <<メリット>>

 不動産に十分なスペースがある場合は、賃貸部分住居部分に分けて、

 一部を賃貸として貸し出す方法があります。

 

 そうすることによって、賃借人から賃料が入ってきますし、親世代が

 亡くなったとしても、子供達が収益物件として活用することが出来ます。

 

 また賃貸部分相続税の評価額が落ちますので、相続対策にも繋がり

 ます。

 

 <<デメリット>>

 建て替えが必要なため、建築会社綿密な打ち合わせが必要になります

 ので、手間と時間がかかります。

 

 また手元に資金がない場合はローンを組む必要がありますので高額なローン

 を組んでも、賃借人が入らなければ赤字になる可能性があります。

 

 賃貸併用住宅にする場合、近隣の賃貸物件入居者が集まっているのか、

 賃料相場はいくらくらいなのか、収益を得られるのか事前にリサーチ

 しましょう。

 

2.シェアハウスとして利用する

 <<メリット>>

 自分で経営するか、外部委託するかで運営方法は変わりまが、

 ターゲットの選定が必要になります。

 住宅1軒で複数人の入居を募れるので、賃貸経営よりも収益が見込めます。

 

 アパートマンションなどの賃貸ですと、いったん退去が発生すると、

 次の入居者が借りてくれるまで賃収入が途絶えてしまいます。

 

 シェアハウスでは誰かが退去しても他の入居者から賃が入ってくるため

 全員が退去しない限り収入がゼロになることはありません。

 

 コンセプト内装入居者のリアルな声などを知るために、シェアハウス

 を扱っている専門に相談してみるといいでしょう。

 

 <<デメリット>>

 シェアハウス利用者・入居者の多くが単身者外国人で、多くの入居者が

 賃貸しているので、それだけトラブルの発生頻度も高くなります。

 

 また入居者快適に過ごせるように管理していかなければいけません。

 管理がずさんだと、退去されてしまう恐れもあります。

 

 更に賃貸よりも規模が大きくなりコストがかかりやすくなります。

 共有スペース個室の設備の修理も必要ですし、経営管理業者に委託した

 場合は、手数料も発生してしまいます。

 

 自分で管理する場合は手間と時間がかかり、業者に委託した場合はコストが

 高くなるので注意が必要です。

 

3.不動産を売却する

 <<メリット>>

 不動産売却すると、自分ものではなくなるので空き問題を心配する

 必要がなくなります。

 不動産管理が不要になり、税金もかからなくなります。

 

 手元まとまった資産が入ってくるので、それで好きな事が出来るのも

 メリットです。生活費として使うこともできます。

 

 <<デメリット>>

 将来値上がりして高値で売却出来たり、賃貸住宅として活用出来た可能性も

 ありますが、売却してしまうと全て断たれることになります。

 

 現金預貯金などの資産は、不動産とは違い相続税評価額を下げる事が

 出来ませんので、親世代が亡くなった場合、相続時に多額の相続税が発生

 してしまう可能性があります。

お気軽にお電話でご連絡ください
093-644-0213 093-644-0213
受付時間:10:00~20:00
Access

物件売買の専門会社としてお客様のあらゆるニーズにお応えしてまいります

概要

会社 株式会社Est Japan(エストジャパン)
所在地 福岡県北九州市八幡西区相生町14番15号1F
電話番号 093-644-0213
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
最寄り 森下駅より車3分

アクセス

筑豊電鉄の森下駅からお車で約3分というアクセスの便利なロケーションに店舗を構えておりますので、戸建て住宅やマンション土地売買をお考えでしたら気軽にお立ち寄りください。

◇空きを上手に活用しよう

空き問題についてご説明させていただきましたが、放置していると周辺環境を悪化させたり、通行人に危険が及ぶ恐れがありますので、上手に活用すれば収入源になります。

 

その為には空きへの正しい理解的確な情報収集が必要不可欠になってきます。

 

空き具体的な活用方法成功事例をきちんと把握すること、政府自治体取り組む空き制度などの情報を整理しておきましょう。

 

空き賃貸経営シェアハウス経営などのビジネスに生かそうと思う方は、メリットデメリットをきちんと理解して上手に活用しましょう。

 

売却をお考えの方は、複数社査定依頼をしてから自身に合った不動産会社を探して仲介をお願いしましょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事